ストレスチェックとは

近年では、どの業界も人手不足が続いていることもあり、従業員1人1人が抱える業務量が増えつつあります。そのため、過労によるストレスで心身の不調を訴える人も急増。この状況の下、それぞれの従業員が抱えるストレスを事前に把握し、ストレス起因による心身不良を未然に防止する制度が求められています。その中で、最近導入されたのがストレスチェックという制度です。

このストレスチェックは、従業員が抱えるストレスという見えないものを、点数で表現することにより簡易的に診断しようとするものです。このストレスチェックのキーとなるのが質問票です。質問票には、現在の仕事の量や、仕事に対する熱意の有無、社内の人間関係など、仕事に関するさまざまな設問が記載されています。各設問の回答は4択形式となっており、回答者は現在の自分の周りの仕事環境等を考えながら、それぞれの設問に対して最も適切と思われるものをチェックしていきます。

各設問の4つの選択肢には1点から4点までの点数がついています。そのため、回答者が選んだ選択肢の点数を合計することにより、その回答者が抱えるストレス状態が点数化されることになります。ストレスを点数化することのメリットは、診断が容易になること。予め定められた基準の点数と比較し、その基準点数と回答者の点数とがどのくらい離れているかによって、回答者が受けているストレスの強さを簡易的に診断することができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする