ストレスチェックの義務化

全国で2年前の2015年暮れから、50人以上の従業員のいる職場でのストレスチェックが義務付けられて始まりました。同僚・上司などの周りの人に知られる事なく安心して、ストレスを感じていないかどうかを調べるシステムとなっています。ストレスチェックは、PCのサイトから入って行うものとなっていますが誰でも入れるものではありません。職場の担当が、従業員の登録をしてからサイトに入れるようになります。

ログインすると、早速いくつかの質問に答えていく事になりますが、選択性なので気軽に・深く考えることなく答えていきます。こんな程度で自分のストレスの状態がわかるものだろうかと疑問を抱く人もいるかもしれません。ただあくまで、目安です。疲れ・心配・体の不調を少しでも感じている人は少なからずいます。

この程度をストレスチェックで見るのです。結果は最後に、程度が軽いAから通知されます。高ストレスであれば医療機関等に連絡され面談等の処置があります。個人情報であるので結果以降の流れは職場の誰にも決して知られることはありません。

ストレスが軽くなるわけではありませんが、一人ひとりのストレスへの気づきを促す事も厚生労働省は目標としているようです。PCだけではなく、紙媒体でもストレスチェックはできるようです。ただこのときは人に見られる可能性も無くはないのでいかがなものでしょうか。快適な職場を目指すのは誰もが望む事です。

その手がかりになればいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする