ストレスチェックとは

ストレス社会と言われる現代、昔も今もストレスで心身の不調を訴えるケースが後を絶ちません。特に多いのが、仕事上のストレス。社内や社外の人たちとの人間関係のもつれに悩んで心の病にかかってしまったり、過労によって体を壊してしまう人は今でも多いのです。このような仕事上のストレスは、本来は、雇用主である事業者が率先して、それぞれの従業員のストレス状態を把握し、強いストレスを受けていると思われる人については、人事異動や業務管理など適切な処置を行ってストレス軽減を図ることが望まれます。

しかし、現実には、会社が個々の従業員のストレス状態を完全に把握するのはなかなか難しいです。そこで、従業員をストレスから守るべく、ストレスチェックという新たな制度が導入されました。このストレスチェックでは、個々の従業員のストレス状態を点数化することにより、簡易的にストレス診断が可能となります。具体的なストレスチェックの流れは次の通りです。

まず、個々の従業員にストレス診断のための設問が記載された質問票が配布されます。それぞれの設問の回答は4択形式で、それぞれの選択肢には1~4点の点数が付けられています。個々の従業員は、現在の自分の仕事状況に応じて、各設問の4つの選択肢の中から最も適切と思われるものを1つ選びます。すべての設問の回答を終えたら、選んだ選択肢の点数を合計することで、ストレス状態が点数化されるのです。

この点数を基準点数と比較することで、どの程度のストレスを抱えているのかを簡易的に判断することが可能になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする