紙で行うストレスチェックのメリット

企業のメンタルヘルス対策として導入が義務付けられているストレスチェックは、制度としてはまだまだ始まったばかりのものに分類されています。そのため様々なやり方が乱立しており、どのような実施方法が最適なのかについてはまだまだ検討の余地があるといえます。社内のインフラ整備が進んでいる企業では、イントラネットに設置されたソフトウェアを活用してストレスチェックを実施すると言うケースも増えてきていますし、外部の業者に全面的に委託する形でオンライン環境での海外を実現するケースもあります。しかしながらいまだに根強く人気のある実施方法として神の問診票を用いる方法が使われています。

紙の問診票を用いるストレスチェックの実施法については、会社の環境を選ばずに導入することができると言う点については非常にメリットがあるといえます。どのような会社であっても上のストレスチェックが適応できないと言うケースはほとんど想定することができません。オンライン上で実施する場合、一見非常に便利であるように感じられる人が多いのですが、そのような設備が整っている会社ばかりではないのが現状です。そのため利用には注意が必要なのです。

また紙の問診票には記入漏れと言うものが存在していますが、このような情報についても何かしらの意味があると解釈することができる場合があります。オンライン上では強制的に回答しなければ前に進めない仕組みになっています。これはこれで非常に便利であるといえますが言語化できない様々な影響を読み取るためには紙の問診票の柔軟さが役に立つ場合があるのです。離煙パイプのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする