近年の人間ドックについて

健康とは何も病気にかかっていないということではなく、今ある環境の中で無理なく生活や活動を行える状態であり、自覚症状の有無に関係なく定期的に病院や診療所で身体の各部位の精密検査を行うことを人間ドックといいます。人間のドックの歴史は1953年まで遡ります。短期入院を伴う人間ドックは翌年の1954年1954年に現在の国立国際医療センターが担当して開始したのが始まりと言われています。人間ドックには日帰りコースや1泊2日コース、平日は仕事で忙しく病院へ足を運ぶことができない方にオススメの日曜ドックがあります。

この3つが基本となりますが、そのほかに心配な個所がある方に脳疾患コース、腫瘍コース、心血管コース、アンチエイジングコース、ブライダルコース、ヘルスパークコースなどもありますが、病院によって行っているコースは異なります。従来の人間ドックというと、病院へ行き診察室で検査をし、日帰りの人は帰宅で1泊2日の人は病室で過ごすという流れでしたが、最近の人間ドックは病院によってはホテルのような病室や料理、待遇を行っているところもあります。検査に不安がある人も多くいますが、旅行先の宿泊ホテルのような病室でリラックスができ、最高のホスピタリティで優雅な時間を過ごすことができるという理由でこういった施設を完備している病院は人気があります。また、ホテルの一室に宿泊してもらい追加分以外の料金は全て健康診断の料金に含んでいるという病院もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする