腱鞘炎の効果的な治療方法

腱鞘炎に悩まされた人は少なからずいろいろな方法で治療を試みたことがあるはずです。いきなり病院へ行くような重傷な場合を除いてまずは家にあるもので試してみることが多いです。たとえば湿布を貼ってみたり、マッサージやストレッチを行ってみたり、痛みを抑えるために鎮痛剤を飲んだりとさまざまな方法で症状の緩和を試みますが原因をしっかりと把握し、正しい治療を行わなければ腱鞘炎は治りません。また、医師に相談したり治療へ行ったりしてもなかなか治らないと感じている人が多いのも腱鞘炎の特徴の一つです。

病院へ行き注射や薬などを処方されても一向に良くならず、最後は手術となり、手術をして治ったと思ったら再発という話もよく聞きます。では、どのような治療方法が効果的なのかというと、筋肉の緊張や硬直を減らすということなのです。患部を酷使している人は自覚があるかもしれませんが、育児や家事などでも腱鞘炎になることはあります。しかし、主婦が全員同じ悩みを持っているかというとそういうわけではありません。

なっている人となっていない人がいます。そこにはっきりとした原因があるのです。つまり筋肉が固まってしまうと炎症を起こしてしまうので、普段からリラックスして力を入れずに家事や育児、仕事の作業を行うことを心がけるだけでいいのです。炎症を起こしていない人は筋肉の力や緊張をなくして作業をおこなっているのです。

逆に症状が出てしまう人は無意識のうちに力が入っている人は意識して力を抜くことで腱鞘炎の症状から解放されると言えるのです。離煙パイプのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする