ストレスチェックを定期的にすることは大切なこと

ほとんどの人は、仕事やプライベートの生活の中でストレスを感じています。ただし、人それぞれで、日々のストレスを自覚している人と、全くわからない人が存在します。ストレスで仕事などに支障がありますと、ご自身が満足した生活ができなくなる可能性が高いです。自覚症状のない人のために、ご自身のストレス状況をチェックする方法が、ストレスチェックです。

今では、努力義務として大企業はもちろん、中小企業でも定期的にストレスチェックをすることが期待されています。大切なヒトという経営資源をなくさないように、企業として努力する必要もあるのです。ストレスと聞くと、精神的に弱い人、会社組織内でのストレスは、出世に悪影響を及ぼすなどと考えている人も多いですが、取り返しのつかないようなストレスに陥り、社会生活での支障がでることがあってはなりません。何事も早めに対策を打つことが大切なことです。

ストレスチェックを受け、精神的に少々の異常があると感じた時には、会社の産業医やカウンセラーなどに相談することをお勧めします。守秘義務がありますので、どのような相談をしても、会社の上司などに伝えられることはありません。ですから、ためらわずにストレスを感じることなどを相談し、少しでも職場の改善につながるようにすべきです。身体的な苦痛よりも、精神的な苦痛の方がはるかに辛いです。

精神的な苦痛がありますと、不眠に陥ることもありますし、仕事などに対する集中力なども薄れてしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする