ストレスチェックで使用する問診表について

現在実施されているストレスチェックでは、問診票を活用する形で行われています。その際に使用されることになる問診票は職業性ストレス簡易調査票と呼ばれているものを活用するケースが最も多くなっています。この問診票は2000年初頭に開発された問診票であり、産業の現場で広く活用されてきた実績のあるものとして知られています。ストレスチェックに力を入れている専門の業者の1部は独自の問診票を活用しているケースもありますが、多くの場合この職業性ストレス簡易調査票を使用しています。

ストレスチェックでは特定の様式を押しをしなければならないと決まっているわけではありませんが、使用する質問紙が取得することのできる情報について一定の内容を求めています。どのような内容でもストレスチェックで有効な問診票であると言えるかといえば、そうでは無いのです。そのため独自の問診票を活用していきたいと考えるのであれば注意が必要であると言えるでしょう。一方独自の問診項目を加えたいのであれば職業性ストレス簡易調査票に追加する形で実施するのが最も望ましいあり方であると言えるでしょう。

しかしながらストレスチェックでは直接的に聞いてはならないことと言うものも存在していますので、実際に使用する前の段階で様々な問題点の可能性を想定し対応できるように準備しなければなりません。そのような対応が十分に可能であるのであれば独自の項目を盛り込むのも有効な方法であるといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする