ストレスチェックを実施する意味

なかなかストレスという概念を知ることができない人も多いでしょう。かたちがみえないものであることから、自分が実際受けているのがどうかそれすらわからない人も多いです。そんなときにこそ有効的な手段になるのが、ストレスチェックです。2015年12月から50人以上の従業員がいる企業が対象になっています。

これによって実際ストレスを感じていないと自覚しているけれど、顕在化することができますので、有効的な手段になっています。自分のストレス状態を知る上では適していると言えるでしょう。ただし健康診断のように受ける側には義務がありませんので、ストレスチェックなんて受けたくないと主張するのであれば、受ける必要はありません。このような盲点があるのもストレスチェックです。

結果は企業にはいかず従業員に行くシステムになっていますが、この体制が整ったのは企業側がメンタルヘルス対策の推進目的といった事情があります。結果が従業員だけになっていますので、対策は漠然としてしまい、どんな点に会社がストレスを与えているのかまでわからないことから、これから改善をする必要があると言えるでしょう。ただし精神的な辛さというのは、そのまま体に不調をきたすきっかけとなり、最終的には働く意欲をそぐ病気になる可能性もあります。そういう意味でいれば欠陥もあるのがストレスチェックですが、これから改善する余地が十分あると言えるでしょう。

これからに期待をすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする