冷暖房機器の熱交換器のスケール除去の必要性

熱交換器の天敵はスケールですが、それは水などに含まれるカルシウムやマグネシウムなどの塊のことを言い、水の中のゴミみたいなものです。地下水や湧き水などの天然水には、こうした鉱物が多数含まれており、飲み水としては優れていますが、機械設備などには意外と良くない存在となります。例えば水が蒸発した時に、白っぽい粉みたいなのがコップに付着しているのを見かけることがありますが、まさにそれが該当します。熱交換器がスケールを天敵とする理由は、配管内部に冷媒を循環させ、そこに空気や水などを循環させて温めたり、冷やしたりする重要な箇所ですが、それが存在するとその効率を悪くする点です。

つまり表面の汚れが生じることで、設定温度に達するために余計に稼働させなければならないことで、電気代や水道代をなどの燃料費を高くしてしまう恐れがあります。しかも熱交換器のスケールの問題は効率を悪くするだけでなく、チューブ状の細管をイオン化させてしまうこととなり、腐食させて通電状態にしてしまい、終いには穴が空いたりする可能性もあります。空調や給湯機器の故障の原因に繋がるため、熱交換器のスケール除去を行うことは必要です。熱交換器のスケール除去を行うタイミングについては機器の使用状況によりますが、定期的な点検による確認が必須となります。

実際には目視や専用の薬剤を用いる方法での点検が存在しますが、点検を行い必要となる場合にだけ行うと良いです。機器の使用状況から定期的な除去のタイミングを割り出すことも可能で、一度行ってから何ヶ月から何年と期間を決めて行っていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *