熱交換器に必要なスケール予防

水などの流体を圧縮、膨張しながら循環させることで、熱交換を行うシステムを熱交換器と言います。その循環する流体に使われる水にはカルシウムなどの成分が含まれています。それがチューブやフィルタなどに堆積して固まります。それがスケールです。

スケールが堆積することで期待される流量に到達しないため本来の能力を発揮できなくなります。効果が下がることで十分な冷却も保温もできなくなります。定期的な除去によって流量を取り戻すことができますが、ある一定期間は能力が低下していることになります。能力が低下している間も動力源は同じエネルギーを必要とします。

むしろ期待する効果を得るために出力を過剰に上げるような対処を行えば余計にエネルギーを消費することになります。能力の低下はコストに大きな影響を与えます。そのような能力の低下している期間を少なくすることが熱交換器のメンテナンス計画として重要な課題です。予防保全としてスケール除去の期間を短くすることが効果的です。

スケール除去剤などを利用してこまめにメンテナンスすることで堆積を防ぎ、熱交換器の能力を高い状態で維持することができます。だからと言って高い頻度でメンテナンスを実施しているとそのコストが運用コストを圧迫するようになります。だから熱交換器の運用コストとその能力の低下の程度や頻度、スケール除去作業にかかる費用の関係性を明確にして、適度なメンテナンス計画を策定する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *