簡単にできる省エネ法

建物内のエネルギーの使い過ぎは環境に悪いだけでなく、月々にかかるエネルギーの使用量が高くなってしまい家計や経営の負担になってしまいます。そんなときに実践してほしいのが省エネであり、省エネは建物内で使用頻度が低いのにエネルギーを使用しているポイントを洗い出して使用を制限することです。簡単にできる省エネ法としては、建物内にある白熱電球をLEDに変えることでで電気使用量を抑えることができます。それ以外ではエアコンの設定を冷房であれば28度設定にし、暖房であれば20度設定にするとよいです。

さらに室温であれば窓に遮熱フィルムを張り付けたり、カーテンや日本古来の葦簀を敷くそして植物を育てることで壁面を覆う壁面緑化などをしても温度調節がしやすくなります。それ以外では水の出し過ぎを防ぐための水量の調節に加えて、そして使わないポイントの電球を外すといった方法も省エネにつながるのでお勧めです。これらの一覧の行動を実践しつつ、さらに細かく省エネを実践したいと考えた時には電力事業が率先して行っているエネチェンジやカテエネなどと契約して実際に目視できる環境を作ることです。エネチェンジやカテエネでは、建物内に専用の機器を設置して情報収集を図り実践できているポイントと出来ていないポイントを区別できるようにしてくれます。

それによって実践できていないポイントを重点的に節約することによって、総合的なエネルギー消費を抑えることができます。アルカリ洗浄液のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *