熱交換器で必須となるデスケーラーは進化しています

熱交換器を導入している工場等では、定期的なメンテナンスを行わないと性能がダウンしてしまう可能性は高くなります。自然と付着するカルキやマグネシウム系の汚れ、カルシウムなどが簡単に除去できない状態になることが多く、問題解決にはデスケーラーが必需品のうように扱われています。洗浄をする洗剤の役割を持つものなので、使い方は至って簡単ですが、古い時代に利用されてきたデスケーラーは処理後に機器類のステンレス表面の加工も剥離してしまうことから、処理液を用いて再度ステンレスに被膜を作る作業を必要としていました。そもそもの洗浄機能の面においても、時間が掛かってしまうデメリットもありましたが、進化している現在では、不便さを感じることはありません。

新しいタイプのデスケーラーは、洗浄能力が非常に高く、時間も短く済ませられること、効率が非常に良いことからエコ環境を作り出すことにも役立ちます。再コーティングの手間も不要になるので熱交換器の維持費を大きく削減することにも成功しています。あらゆる熱交換器に対応できるように徹底した研究を行った結果、金属を腐食させずに不要な汚れだけを除去できる性能の高さを実感できます。他にも配管類やポンプ系やコンプレサーなど用途の範囲が広いことも特徴です。

スケールの除去性能が非常に高いものなので、コンクリートや船舶などでも活用されている事例は多く、安全性を確保しながら低コストで時短をしながら洗浄できる機能性の高さも十分です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *