ボイラーの安全を維持するためのデスケーラー

自宅で温水を使うための機器がボイラーであり、ガスや電気を使って水道管から流された水を温めます。ボイラーは炊事洗濯だけでなく、水を汚す原因である藻を繁殖させないために観賞魚の飼育にも用いられるのです。様々な形で活躍するボイラーですが、使用するうえで注意してほしいのがアルカリ汚れです。アルカリ汚れはガスや電気が温められる中で、水が蒸発することで残るアルカリ物質が塊になる状態になります。

最初は表面にこびりつく程度の汚れだったのが、そのまま放置すると結晶になるのです。問題はガスや電気が決勝によって流れが妨げられると、熱が蓄積することで破裂する可能性があるのです。そのため安全に使うのであれば、2か月に1回ペースでメンテナンスをする必要があります。そのメンテナンスをする方法として、アルカリ汚れを落とすデスケーラーを用いるのです。

デスケーラーは塩酸を主成分とした強酸性洗剤であり、ボイラーの掃除だけでなくトイレの尿石汚れを落とすために使用されます。kのデスケーラーを使うことによって、アルカリ汚れと真逆の性質がある強酸性を浴びせることで固くなった表面を柔らかくする性質があるのです。表面を中和して柔らかくしてしまえば、水や中性洗剤では落とせなくなったアルカリ汚れも簡単に落とすことができます。ただし強酸性の洗剤なので、実際に使用する際には目と鼻そして手が荒れるリスクがあります。

使用する際には、必ずゴム手袋を着用し鼻と目が炎症を起こさないように換気を徹底することが大事です。デスケーラーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *