有効利用できる熱回収

日々排出される廃棄物の一部は焼却処分されていますが、その際に出される熱をそのまま排出するのではなく、エネルギーとして利用するのが熱回収と呼ばれる取り組みです。

排熱は周囲の温度をあげる恐れがあるので、それを再利用することができれば、大きなメリットとなります。人が生活していることで必ず発生する廃棄物は、処理をしなければ溜まって生活を脅かすほどの大変なことになります。そのためどの自治体においても焼却施設は存在しています。また焼却処理は定期的に行わなければならないため、新たに発生するような作業がありません。

熱回収を行えば継続的に各地域で実施できる発電システムとして、注目されています。このような循環型のシステムはサステイナビリティの高い社会を構築するためには欠かせないものとなります。焼却する物資がなくならないことや現地で調達可能なこと、稼働が比較的容易であり復旧が迅速であることなどから、災害が発生した場合でも活用できることも注目を集めているポイントです。

廃棄物を安全に保管しなければならないことやダイオキシンなどの発生を注意しなければならないと言うデメリットはありますが、適切な設備を利用することで解決できる問題です。廃棄物を減らすこともでき、エネルギーを有効に活用することができます。設備の性能が向上することで、小型でより安全な処理が可能なれば、熱回収は今後、より多く施設で利用されることが予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *