環境に優しい!熱回収とは何?

熱回収はサーマルリサイクルともいわれ、廃棄物を燃却処理することだけでなく、燃却時の熱エネルギーを回収して、利用するということを意味する言葉です。

その利用方法はごみ発電やエコセメント化冷房エネルギーなどで、廃棄物処理施設で高温で焼却処理するのとは異なり、ダイオキシンやばいじんなどの環境に負荷が大きな物質の発生を抑制することができます。このような方法を用いると、廃棄物が残されず、埋め立てする必要などが減るため、環境へマイナスの影響を及ぼすリスクも少なくて済みます。

熱回収は日本ではリデュース、リユースなどができず、マテリアルリサイクルなどもできない廃棄物を処理するときに用いられる方法です。この熱回収のメリットとは、完全に分別できない廃棄物を処理するという点で有効な方法であり、二酸化炭素などの排出を抑えたり、埋め立てゴミを減らすことにつながっている点が挙げられます。

さらに、埋め立て処理をしたごみが腐敗した際にメタンガスが発生するといわれていますが、そのようなメタンガスを少なくすることができます。このメタンガスは二酸化炭素の20倍を超える温室効果を持つといわれており、このようなが図の発生を抑えることで環境への負荷を減らす作用があります。このように、熱回収は単に廃棄物を燃焼させて処理するだけでなく、その際に発生した熱エネルギーを利用することができるため環境にフレンドリーな廃棄物処理方法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *