熱回収でエネルギーをリサイクル

熱回収と言う言葉は、あまり知られていないのが現状です。

環境保全の観点から見ると、今後注目を集めるようになりそうです。多くのものがリサイクルされて、無駄な廃棄物を出さないように社会が変わってきました。エネルギーの分野でもそのような取り組みが始まっていて、そのうちの一つになります。環境を守るために材料を再利用することや、いったん分解して新しい素材の原料として利用するなどのリサイクルが行われています。廃棄物を処分する時には、高温の炉で焼却が行われます。

その時に高熱の排熱が排出されて、周囲の温度をあげることになります。この熱エネルギーを温水を作るためにつかったり、暖房のための熱として利用するようなことが行われています。これが熱回収と呼ばれるシステムです。熱回収はエネルギーを生み出すこともできるようになりました。派出された熱を利用して発電ができる設備があるため、かなりの電力が確保が可能です。

これを利用すると今まで無駄にしていた熱を有効に活用できるので、環境保全に大きく貢献することとなります。廃棄物を減らすことができて、熱によってエネルギーをリサイクルできるようになれば、大きなメリットとなります。処理の際に発生する恐れがあるダイオキシンなどは、炉の温度を高温にすることで抑制できることが確認されています。焼却時の二酸化炭素は、火力発電と同じであり、相殺することが可能です。熱交換は今後注目すべきリサイクルと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *