排熱を有効活用するための熱回収

室内や利用する水の温度を調整するためには、熱の交換が必要になります。

冷たいものを温めるためには、加熱する必要があり、温度を下げるためには冷却しなければいけません。この時に余分な熱が発生されることになります。その熱を利用するような仕組みを熱回収システムと言います。ヒートポンプと呼ばれる熱回収システムは、冷水と温水を同時に製造してお互いの熱を交換して有効に利用します。出来上がった冷水は空調の冷房や、物の冷却などに利用し、温水は暖房に使うことが可能です。

冷却に使用した水が温められて循環した後は温水として利用し、温度が下がったものを冷却水に利用するように、無駄のない使い方ができるのがメリットです。このような熱回収システムを利用すると直接暖房や冷房をするよりもエネルギー効率が良く、燃料費が安く済むことになります。特に温められた排水や廃棄がある場合、それを利用して熱交換することで冷却水を作ることが可能になります。

そのまま外気として排出してしまったら、無駄になるだけでなく周辺の環境に影響を与えてしまいます。熱回収を有効に使うことで、エネルギーの削減や環境保全に繋がります。宿泊施設や病院、工場など温水や温風が排出されるような場所では導入するだけで大きなメリットがあると言えるでしょう。だんだんと性能が向上していることから、さらに無駄になる熱が少なくなり、効率が良くなっています。熱回収システムは今後の社会に有効な仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *