熱回収を利用してエネルギーの効率化を図る循環型社会

熱回収はサーマルリサイクルとも呼ばれ、廃棄物処理には大量の熱を生じさせますが、その熱を利用することです。

例えば廃棄物処理には火力にかけることが一般的ですが、当然に熱が生じるので、それで水を沸騰させたり、空気を暖めたりするのに使うことになります。平たく言えば、一石二鳥や三鳥の取り組みを実施したもので、その取り組みを実施していけばCO2の削減にも効果があるとされるものです。もっとも熱回収をする上では、それを行うべき施設や機器などを要し、簡単に実現できることではありません。

しかし熱を回収して、それを利用することを心掛けただけで、CO2の削減にも貢献し温暖化傾向を遅らせることも可能です。無駄を生み出さない循環型社会の実現を図る上では、熱回収を奨励していくことは必要不可欠な取り組みになります。現代では多くのプラスチックによる製品が普及していますが、当然に石油から製造される物です。熱を加えることで溶解し液状化して、それをまた成形するなどして利用することが可能となります。

当然にプラスチックの溶解の過程では熱が発生することも多いので、そこで熱回収を行うことができるシーンが発生します。本来はケミカルリサイクルですが、これも含ませることができるため、循環型社会の構築には欠かすことができない取り組みです。なおプラスチックの弱点は燃焼すると有害物質を排出してしまう懸念がありますが、近年は燃焼しても有害物質を排出しないタイプの物も存在しています。つまり以前より燃焼しても有害物質を排出しないことで、熱回収しやすくなったのも事実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *