熱回収は地球温暖化防止に貢献する

地球温暖化はますます深刻化しており、日本国内でも多発するゲリラ豪雨、それによる河川の氾濫や土砂災害などが発生しています。

マスメディアでも100年に1回の大雨という言葉が、度々聞かれるようになってきている事実は見逃せません。さまざまな温暖化対策が実施されている中、熱回収への注目が近年集まっています。熱回収とは工場や廃棄物処理場の焼却の際に発生した熱を集め、再び利用することを言います。つまり熱のリサイクルというわけです。回収した熱はそのまま利用することに加え、ごみ発電や温水などの熱源、あるいは冷房用のエネルギーとして利用されることになります。

また、焼却施設内に貯まった焼却残さや下水汚泥を使って、エコセメントを作ることも熱回収の大きな役割です。これまで、ビジネスや生活で発生した廃棄物は燃やすよりも埋め立てた方が地球には優しいとされてきました。しかし、増えに増えた廃棄物を埋め立てる場所を確保することは極めて困難な状況にあります。

そこで、この熱回収の技術が注目を集めています。廃棄物を焼却した時に発生する熱を上手く循環して使うことで、温暖化の原因とされる二酸化炭素などの排出を抑えることができます。さらに、各種工場においても熱回収設備(熱交換器やボイラー、ヒートポンプなど)の導入はますます進んでいます。効率の良い設備を取り入れた場合には、行政機関から補助金が支給されるなどの支援制度が存在します。設備が古くなった工場は、入れ替えを検討してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *