熱交換器 メンテナンスは定期的に

定期的な熱交換器メンテナンスを行うことによって、機器を長く使用することが可能です。

熱交換器を使っていると、熱交換器内の圧力損失が上がることがあるでしょう。熱交換器の能力が下がったり、ガスケットシール面よりも漏洩しているなど、いろいろなトラブルが生じることがあります。熱交換器内で2液が混合していたり、仕様変更によって改造しなければいけないがどうしたらよいか分からないなど、いろいろなトラブルが発生することが多いです。熱交換器メンテナンスを利用すると、さまざまな問題を未然に防ぐことができます。

プレートは長年使っていると汚れが付着していき、性能が低下する傾向が多いです。プレート式熱交換器の圧損が次第に上がったり、性能が低下してくるとプレート洗浄が必要です。プレートをシールするガスケットは合成ゴム素材になっているので、経年劣化が起こると定期的にガスケット交換が必要です。熱交換器メンテナンスを利用すると、汚れで低下を予防することができます。

使用条件によってはプレートの腐食や割れといった問題を回避することができたり、事前にプレートを交換することが可能です。砂のような研磨作がある個体による浸食があったり、疲労による割れを防ぐことができます。配管からの酸化鉄付着のもらいさびや、プール/風呂の塩素などの腐食性の液体に腐食されているかもしれません。高度が高い河川水や地下水によるスケールがあったり、圧力変動やハンマリング現象などの割れもあるので、定期的な確認が重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *