熱交換器 メンテナンスの方法について

プレート式熱交換器は単純な構造になっているので、セルフメンテナンスに最適であるといえます。

ただし、メンテナンス方法を間違えてしまうと流体の漏れや能力不足の原因になってしまうので、正しい方法を身につけることが大切です。熱交換器メンテナンスの手順は、まずメンテナンス前に準備をする必要があります。どのような準備が必要かというと、機器内の圧力が下がっているか、流体は十分に排出してあるか、養生をしっかり行っているかを確認することです。さらに熱交換器メンテナンスに必要な部品が揃っているかを確認する表にしましょう。

熱交換器メンテナンスに必要な部品は、ガスケットやコネクション用ラバーブーツなどの交換部品です。プレートや締付ボルト、接着剤なども用意しておくのもポイントになります。メンテナンスを進めていく際に、トラブル箇所を発見した場合は、発生個所や度合いなどその時の様子を記録しておくようにしましょう。写真や動画撮影がおすすめです。メンテナンスを行う時は、取扱説明書をよく読んでから行うことが大切です。

取扱説明書が見つからない場合は、購入先のホームページから確認することができます。伝熱プレートの端は鋭くなっているので、必ず耐切創用手袋などの保護具を着用して、安全には十分に注意しましょう。これらの準備が整ったら機器を開放し、伝熱プレートやプレートガスケットを取り外します。その後伝熱プレートを洗浄しプレートガスケットを貼り付けて組み立てをしたら完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *