熱交換器 メンテナンスを行う際の手順

長期間にわたって使用を続けていると効率が下がってしまうため、定期的な熱交換器メンテナンスが必要になります。

プレート式のものであれば仕組みもシンプルであるため、業者に依頼せずに社内で行なっても問題ありません。スムーズに作業を進めるために、事前にいくつかの準備をしておきます。まず装置内の圧力を確認します。これが上がっている状態だと吹き出して危険なため、必ず下がってから熱交換器メンテナンスを始めるようにしてください。同様に装置内に残っている液体などは必ず排出しておくようにしましょう。準備が整ったなら装置の分解に入ります。

各部のボルトを緩めていくのですが、きつい場合には潤滑油をさすとうまくいきます。さらにフレームを動かすことでプレートを抜き取るための空間を確保してください。プレートは1枚ずつ取り外すことが重要です。注意せずに扱ってしまうと変形したり破損の原因となるので気をつけましょう。周辺は鋭利な形状であるため、手を怪我しないためにも丈夫な軍手などをはめておくことをお勧めします。

取り外したプレートは表面を洗浄します。不用意に扱うと傷がつく恐れがあるため、洗浄用の専用デッキブラシを使用するようにしてください。もしブラシがない場合はジェット洗浄機でも構いません。最後にプレートの周囲についているガスケットを新しいものに交換したら、取り外すのとは逆の順序で取り付けていくだけです。熱交換器メンテナンスは作業的には簡単ですが、難しいと感じる場合には専門の業者に依頼するのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *