状況によって変わる熱交換器 メンテナンスの時期

熱交換器メンテナンスは、定期的に実施するのが一般的です。

どれぐらいの期間をおいて実施するのかわからない場合には、取り扱い説明書などを参照してください。また、使用シーンを考慮するのも一つの方法です。装置が設置されている場所の風通しが良いと、本体が汚れることはそれほどありません。しかしそうでない場合、例えば空気中の塵やゴミが多い環境では、すぐに汚れてしまうので熱交換器メンテナンスの間隔を短くするのがおすすめです。装置を稼働させてからの時間によっても、熱交換器メンテナンスの時期は変わってきます。

まだ新品を導入させたばかりであれば、不具合も少なく使うことができるので、メンテナンスも頻繁に行う必要はありません。ところが導入してからかなりの期間が過ぎている装置ともなると、さまざまな箇所に不具合が生じます。それらをチェックし部品交換することを考えると、サイクルを早めにしたほうが安全です。稼働率が高いとどうしてもプレートに不純物が付着しやすくなります。

それらの量が多くなると、効率も一気に低下しかねません。チェックの間隔を短くしてプレートの洗浄をこまめに行うのが、効率低下を防ぐ鍵となります。このように熱交換器メンテナンスの時期は、使用状況に合わせて流動的に変えていくのが一番です。それを判断するためにも、普段から本体の状況を確認するようにしてください。表面の汚れや部品の劣化などを普段から見ておくことで、最適なサイクルがわかるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *