プレート式熱交換器 メンテナンスなら

シンプルでコンパクトなプレート式熱交換器ですが、長年使用しているうちに、プレートガスケット部分のスケール蓄積をはじめ貫通割れや経年劣化など、様々な不具合の症状が現れ始めます。

特に経年劣化の場合には、シール材が劣化して漏れが発生したり、伝熱プレートの破損や腐食による2液混合、さらに器内の汚れ蓄積によって、作業現場で必要な温度の流体を確保できない等、深刻な症状が現れます。そのまま放置すれば、生産効率が落ちるばかりか、製造ラインの操業停止にもつながりかねません。また直接的に製造プロセスの管理下にない熱交換器は、熱の回収率が下がったとしても気づきにくく、知らず知らずにうちに症状が深刻化していたり、余計なコストを浪費しているケースも見られます。

したがって、作業現場で効率的で健全な運用を目指すならば、定期的にプレート式熱交換器メンテナンスをすることが求められます。熱交換器メンテナンスをすることで深刻なリスクを回避し、設置した初期の能力に近いパフォーマンスを発揮することが可能になります。

プレート式熱交換器メンテナンスを行うにあたっては、トラブルや不具合が発生する要因を見つけることが、まず重要になります。例えば熱交換器が作業現場で必要なパフォーマンスを発揮していないのなら、伝熱プレートの汚れをはじめ配管の接続具合などを疑う必要があります。あるいは2液が混合しているようであれば、伝熱プレートの破損やプレートガスケットのシール性の低下などを推定すべきかもしれません。
熱交換器 メンテナンスのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *