アルファラバルは熱交換器の開発メーカー

アルファラバルは熱交換器や遠心分離機などを開発するメーカーで、スウェーデンに本拠があります。

会社の設立は1883年で、遠心分離機の製造からスタートします。1938年に熱交換器の製造を開始し、1971年には流体移送機器分野にも進出します。売上のトップは熱交換器で4割以上を占めます。アメリカや中国の売上が高く、日本も上位の売上規模を有します。日本法人は東京に本社がありエネルギー関連企業や医薬品メーカー、飲料メーカーなど幅広い顧客を持ちます。10の営業部門があり、カスタマーサービスを強化しています。アルファラバルは、熱交換など3つのコアテクノロジーをベースにした世界のリーディングカンパニーです。

1年に30種類近くの新製品を誕生させているアルファラバルは、研究にも多額の投資をしています。より幸福で健康な生活を支援するために、バイオテクノロジーや医薬品の分野にも注力します。2020年5月20日からは、6つのオンラインセミナーを通してビジネスの課題に対するソリューションを提供しています。オンラインセミナーは日本語で開催され、製品のエキスパートが様々な質問に答えます。オンラインセミナーに参加したい場合は、アルファラバルのホームページから簡単に申し込みができます。グローバルなネットワークを持つアルファラバルのサービスセンターには、専門技術を持つスタッフが在籍しています。顧客に問題があれば、すぐに駆け付けて速やかに対応できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *