アルファラバルとはどのような会社であるか

アルファラバルは、スウェーデン日本所を置く企業で、熱交換器や遠心分離器の開発及び販売を行っています。

世界各国に販売拠点を持っており、元々は遠心分離器の身を開発及び販売をしていた企業です。その後熱交換器を開発及び販売する企業へと進出し今に至ります。日本においてのアルファラバルは、空調の他エネルギー事業、造船などを手掛けており製品の販売とメンテナンス業務を担っています。取り扱っている製品の情報については、アルファラバルでは、世界で最初にプレート式の熱交換機を作った企業として認識されており、熱交換器分野においてリードしています。熱交換器が主な視力製品と言ってもよく、熱交換器の使用目的は、機械内部の冷却などに使用されます。

熱交換器以外にも主力製品があり、小型の遠心分離機などが主力製品で液体を内部で攪拌させ比重が異なる液体を分離させることが出来る機器の販売とアフターケアを担います。なお特殊な金属加工も事業として行っており、サニタリーパイプなどの金属の加工を短時間で終え納期することも可能です。工業製品の冷却装置から、医療で使用する遠心分離器の開発及び販売を担い、メンテナンス事業を行っているのが日本においてのアルファラバル株式会社の役割になり、日本での営業実績は90年を迎えている大きな企業です。日本での設立は1978年とスウェーデンよりも短い操業ですが、熱交換器や遠心分離器の他金属加工技術が評価され、廃水処理施設、発電所などに貢献をしている企業がアルファラバルです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *