持続可能性のための省エネ活動

個人にとっても、企業にとっても今や省エネに取り組むことが求められています。

世界的にも温室効果ガス削減の数値目標が設定されており、日本においても明確な将来目標のために企業にも努力をするように期待されています。温室効果ガスの削減は企業の協力を得ることが出来なければ効果的に削減していくことが出来ません。今やボランティアレベルではなく、国家目標として省エネは取り組むべき課題となっています。企業が省エネを行う際に取り組みやすい課題としては、オフィスの節電などですが、太陽光パネルを設置して自家発電を開始するなど、大規模な省エネ対策となると費用を計上しなければなりませんので、なかなか実施に踏み切れないという企業もあるでしょう、しかし、世界の持続可能性のために国家としても支援策を用意しています。

日本国内でも、省エネ対策を行う事業者向けに行っている支援制度があり、地方自治体はもちろんのこと、経済産業省のバックアップの元行っている施策もありますので、対策を考えている企業は何か使える支援制度がないか調べてみる価値はあるでしょう。上手く支援制度を使うことが出来れば、発生するコストを削減することが出来る上に、地球環境のために企業努力を行っているという姿勢は企業イメージを向上させます。また、当然使用する電力エネルギーを削減することが出来ればこれまで支払っていた固定コストの削減にもなりますので、企業の利益にも貢献出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *