省エネの推進に必要な視点を持とう!

資源の枯渇の問題が叫ばれる昨今の情勢において、省エネに取り組むことはもはや企業の義務といっても過言ではありません。

もちろん経費の削減という観点においても重要ですが、それ以上にエコの精神を持って取り組むことが求められています。経済活動による利益を追求するあまり、エネルギーの消費量は伸び続けているのが実情です。そのため、いったん立ち止まって自社でどのような取り組みができるのか考えてみましょう。新型コロナウイルスは人類にとって大きな脅威であるのは確かです。しかし省エネの観点においては、一つだけ有益な情報を与えてくれました。企業が活動を自粛することで、エネルギーの消費量が著しく下がったことです。

それに伴って、各地で自然が美しさを取り戻したという報告がなされています。この事実によって、企業が活動のペースを調節することで、エコを大きく推進できることが分かりました。そう言われると、企業の自粛が終わると元に戻ってしまう人もいるでしょう。確かにその可能性も大きいですが、自粛をしていたときのような勤務形態をベースにすれば、急激にエネルギーの消費量が上がることを防げます。たとえばテレワークをメインにすることで、自動車通勤に必要なガソリンの使用量の抑制が可能です。紙ベースのやり取りが廃止されることなども、資源の無駄遣いを抑えることにつながります。どのような視点を持つことが省エネに効果的であるのか検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *