オフィスの固定費を下げる省エネ対策

地球環境保全のためにも、省エネ対策は欠かすことができません。

昨今では持続可能性のための対策の必要性が世界的にも重要視されていますが、省エネ対策は地球環境のためだけではなく、企業の経営としても固定費を下げるというポイントにおいて重要になってきます。企業活動においてかかすことが出来ないオフィス環境ですが、照明や空調、電気光熱費の負担は小さくはありません。毎月定期的に発生するコストですので、対策をしてコストを圧縮することは企業活動を継続していくためには無視することが出来ません。

まず、簡単に出来るオフィスでの省エネ対策としては空調の使用を減らしてみることが簡単な導入として上げられます。現在はクールビズも浸透していますので、オフィスでもノーネクタイの企業が増えています。より快適な服装で仕事をすることが出来る環境であるのであれば、過度に空調を効かせる必要もありません。設定温度を過度に設定しない、また窓を開けて外気を取り込むことでそもそも空調のスイッチを入れないということも出来るでしょう。空調を入れる際にも、省エネモードに設定することで消費電力を減らすことが出来ます。

また、現在の就業環境のまま変化させずにできる省エネ対策としてはLED電球への交換も上げられます。LED電球は一度交換すると使用出来る期間も長いので、電球の頻繁な交換に時間を割く必要もなくなります。もちろん、こまめに使用していない部屋の電気を消すことも手軽に経費をかけずに出来る対策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *