デスケーラーの使い方

デスケーラーは、配管内にこびりつくスケールを除去するためのものです。

水の中にはカルシウムやマグネシウムが溶融しています。水の状況が不安定になると溶融限界を超えて沈殿し、金属に付着します。それがスケールです。魚の鱗に似ていることから、そう呼ばれています。スケールは、体積が進むと異物となり配管の通りを悪くしたり、つまらせてしまうことがあります。冷却水などで水流が弱まったり、詰まったりするとシステム全体の温度が上がり故障の原因となります。そのため確実な除去が重要になります。

その除去を行うときに使われるのがデスケーラーです。どのような形状のところでも使えるのが洗浄液です。配管内に使うことでこびりついているスケールを剥がして取り除きます。液体なので、細かなところにもいきわたります。フィルターのように網目になってるところでも問題ありません。洗浄液のデスケーラーはあらゆるスケールに利用できます。

ポンプやボイラー、乗り物のラジエータ、熱交換器など適用可能です。配管の中を直接確認することはできないので定期的な実施が必要です。スケールのできる期間は、流れている水の質によって変わります。硬質の水を使っている場合、ミネラルが多いため短期間で沈着する恐れがあります。まずは使用している水の状態を把握する必要があります。その水の質に合わせてデスケーラーの使用頻度の割合を検討します。詰まってからでは遅いので、安全を考えて検討する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *