熱回収を取り入れるメリットは

熱回収とは、従来は捨てていた熱を回収して再利用することです。

その種類はさまざまですが効率よく熱回収し効率よく再利用をすることができれば、使用するエネルギーそのものを節約することができるメリットがあります。熱回収でもっとも身近なものとしては、エコノマイザーと呼ばれるものです。これは節炭器とも呼ばれるもので、ボイラーで使用される燃焼排気ガスを使って、給水予熱を行うというものです。給水される水を予熱することでボイラーでの蒸気発生を効率化させることができるほか、排気ガスの温度を下げることができます。これによって熱効率が95%前後まで高められるとされています。

これらは高温になる燃焼炉内から排出されるガスの熱を回収して利用するのが目的で、特に大規模になればなるほど効率を高めることができます。またサーマリサイクルの場合においては、廃棄物を単に焼却するのではなく、焼却のさいに発生する熱を回収し利用することです。日本においては循環型社会形成推進基本法での優先順位では、リデュース、リユース、マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクルについて4番目に位置するものです。

この場合にはプラスチックといったものは厳密に分別したものであれば優良な燃焼時の燃料となります。これによって従来は単に焼却処分されていたり埋め立て処理され捨てられていた熱エネルギーを火力発電所などで利用することで電気エネルギーに変えて使用することができ、また石油そのものの削減に繋がるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *