アルカリ洗浄液の効果

洗浄液はph値による分類で、酸性洗浄液とアルカリ洗浄液に分かれます。

酸性洗浄液は、水垢や尿石などの表面にこびりついた汚れに対して効果があります。水垢や尿石はカルシウム系の汚れです。その表面にこびりつく汚れに対して、結合を剥がす効果があります。汚れを表面からこすり落とすイメージです。ただし、一般的に言われる「汚れ」に対する効果はあまり高くありません。主に水垢落としなどとして販売されていて、汚れ落としとして販売されている種類は少ないと言う現実があります。

アルカリ洗浄液は、油脂系、タンパク質系の汚れに対して効果があります。そのため、一般に販売されている洗浄液のほとんどがアルカリ系であると行っても過言ではありません。その効果はアルカリ水の作用によります。アルカリは、油脂分のうちの脂肪酸と反応して、別のものに作り変える性質があります。それが石けんのようなものです。汚れを石けんに変えることで落としてしまいます。また、汗や食べ物のシミなどはタンパク質の汚れです。

タンパク質の主成分はアミノ酸です。アミノ酸が複雑に絡み合って母材にしがみついています。アルカリ洗浄液は、その結合を切って分解する力があります。結合力が弱くなったタンパク質は、しがみつく力が弱まるため剥がれ落ちます。このようにして少ない力で汚れを取り除くことができます。汚れの種類による分類としては、硬い汚れには酸性洗浄液で柔らかい汚れにはアルカリ洗浄液と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *