身近になってきた排熱利用

排熱利用とは、工場や冷房などで排出された熱をエネルギーとして再度利用することをいいます。

例えば、工場でエネルギーとして使われて温度が下がった空気。これは本来利用価値がなくなったので排出されるのですが、これを圧縮したりして温度を上げるともう一度エネルギーとして利用できます。こうすることで無駄をなくし、節約することができます。このようなことができる装置は簡単に手に入れることができます。こういった装置やシステムは企業や団体向けですが、排熱利用は一般人にとって身近なものでもあります。ゴミ処理場では大量の排熱がでますが、これを利用して温水プールや温泉などに役立てていたりします。

しかし、この様な排熱利用には限界があります。例えば発電所など大規模なところでは一見、効率よく利用し、一般家庭までエネルギーを届けられそうですが、これには大きな問題があります。それは、熱をどう一般家庭まで運ぶかということです。熱なので、運ぶ途中で冷めてしまいます。とはいえ、小規模な排熱利用なら無駄を最小限にすることができます。

それに、こういった努力をすることで排気ガス削減につながり、地球温暖化を防止することができます。排熱の再利用は様々な側面でよい効果が期待できます。環境の側面以外では、単純にエネルギーの節約による利益が期待できます。長期的にみるとかなり大きな額になるでしょう。このように排熱利用によるエネルギー循環は非常に有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *