排熱利用による省エネ

ボイラー設備は水を温めて、発生する蒸気の圧力を利用します。

また、火力発電では水を熱して、発生する蒸気の圧力を利用して発電機を動かし電気を生み出します。ボイラー設備、火力発電の両方とも水を熱するための燃料が必要となります。石炭、都市ガス、重油などの燃料が必要となります。熱したエネルギーがそのまま電気エネルギー、熱エネルギーとなる訳ではありません。排気ガスの熱、蒸気の熱の多くはそのまま排出されてしまいます。排出される熱を有効利用するのが排熱利用です。

排気するガスを利用考え方は省エネに非常に効果があります。廃熱利用は石炭、都市ガスなどを燃やした時に排出するガスでもって、供給する水を温めます。冷たい水から蒸気を作り出す時に必要とするエネルギーより、廃熱利用で温められた水から蒸気を作り出すエネルギーのほうが少ないエネルギーですみます。ボイラー、火力発電は排熱利用によるシステムは産業設備において省エネに大きな効果があります。また、最近においては家庭での給湯設備にも排出するガスを利用した給湯システムが導入されています。

家庭でお風呂などで都市ガス、プロパンガスを利用しますが、ガスを燃やす時に発生する熱をそのまま空気中に捨てるのではなく、供給する水を温めるようにします。そうすることで、家庭でのガスの節約に大きな効果があります。日本は資源の無い国です。物を燃やす時に発生するガスをそのまま空気中に排出するのではなく、排熱利用して熱を有効的に利用することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *